ED治療人気ランキング

レビトラを服用する際の注意点

はじめに

レビトラは、バイアグラに続いて日本では2004年6月に発売された ED 治療薬です。ドイツのバイエル薬品株式会社が開発販売しており、錠剤の色は淡いオレンジ色の丸型です。バイエル薬品は欧米を中心に鎮痛・頭痛・解熱剤の薬の代名詞ともなっているアスピリンを製造している会社でもあります。

レビトラは、2003年にFDA(米国食品医薬品局)から認可を受けた「PDE5阻害薬」です。勃起の状態を維持できなくさせるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)が、体内で生成されることを抑制することで勃起を維持させることを助ける医薬品です。

男性のED: Erectile Dysfunction(イーディー)と呼ばれる勃起不全を治療するために開発されたED治療薬であり医薬品で、世界で入手できるED治療薬の中で最も効果的な医薬品の一つだとされています。レビトラに含まれている有効成分であるバルデナフィル(Vardenafil)が血流を促進させ、男性の性器の血管を拡大することで勃起する力をサポートし、勃起の状態を維持することができるように助けます。

レビトラの一番の特性は、薬の速効性にあるといって良いでしょう。有効成分であるバルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っているために、有効成分が体内に吸収されやすくなっています。最短では15分で効果が表われるレビトラは、緊急にED治療薬を服用する必要があるシチュエーションや、ed薬と比較しても 硬さも十分に得られます。

尚、レビトラを服用してから効果を感じることができるまでの時間は個人差がありおよそ15分から45分までの間になっています。

レビトラはバイアグラと比べて食事の影響を受けにくいので、どうしても食後に服用しなければならない状況の時等は、レビトラを服用すると良いでしょう。食後の場合は30分ほど時間をあけると効果が出ると言われており、2時間以上あけると食前に服用するのを同等の効果を期待できるとされています。

カマグラやバイアグラのシルデナフィルと同じく、有効成分であるバルデナフィルが強い効力を発揮するために、勃起した時の硬さや強さに定評があるED治療薬です。

このような特徴を持つレビトラは他のed治療薬 と比較しても速効性があり、副作用が少なく、食事の影響を受けにくく、効力により強さがあるとして世界の男性たちから愛用されているED治療薬です。これまでにカマグラや、バイアグラを服用して副作用がでてしまっていたり、食事の影響で弱い効果しか感じることができない方などは、レビトラを試してみることをおすすめします。


レビトラを服用する際の注意点

レビトラは決められた用法と用量、注意点を守って服用すれば安全に勃起不全を克服し、健全な性行為を楽しむことができるED治療薬です。

服用するときは以下の注意点を良く読んで従い服用することをおすすめします。


持病のある方

服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。


  • 狭心症
  • 心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)
  • 血管系疾患(冠動脈異常)
  • 動脈異常
  • 不整脈
  • 高血圧
  • 低血圧
  • 網膜色素変性症
  • 重い肝機能障害
  • 重い腎臓障害
  • HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方
  • QT延長症の方
  • 過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方


この他にも心臓が弱く、医師に性行為自体を止められたり、控えるように指示を受けている方は服用を避ける必要があります。

上記の症状を過去に患ったことがある方、服用できるか定かでないと思う方は医師に相談されることをおすすめします。

カマグラやバイアグラも共通して、上記の症状を患っている方は服用を避ける必要があります。


レビトラの併用禁忌薬


  • 硝酸薬
    狭心症、心筋梗塞、脳梗塞後遺症、心臓喘息の治療に使われるアイスラールやアイトロール、亜硝酸アミル、一硝酸イソソルビド錠、ニコランジル、ニトログリセリン等
    硝酸薬の中には貼り薬、塗り薬、スプレー、注射、舌下など様々な形体の薬がありますので使用上の注意のリストをしっかりと確認してみましょう。
  • 抗真菌薬
    水虫用の内服薬、カビなどにより感染症用の治療内服薬など
    イコナゾンカプセル、イトラリールイトリゾール、イデノラート、ケトコナゾール(内服用)等
  • HIV治療用の抗ウイルス薬
    インビラーゼ、カレトラ、クリキシバン、テラビック、ノービア、フォートベイス、ブリジスタ、レイアタッツ、レクシヴァ等
  • 抗不整脈薬
    アジマリン、アミオダロン塩酸塩錠、アンカロン、ジソピラ、シベノール、ノルペース、ファンミル、リスピン、リスモダン、リゾラミド、硫酸キニジン等
  • 高血圧症治療薬
    アダムパス錠等

この他にも併用禁忌薬がありますのせレビトラの併用禁忌薬を良く確認し、これらの医薬品を服用されている方は服用を避けるようにしましょう。


レビトラの併用注意薬


  • 高血圧や前立腺肥大のための治療薬であるα遮断薬
    アビショット、イセプレス、エブランチル、カルデナリン、テラゾシン、トラブゾン、ダウナット、 デタントール、ドキサゾシン、ハイトラシン、ハルナール、フリバス、 ミニプレス、ユリーフ、レギチーン等
  • CYP3A4阻害剤(マクロライド系抗生物質)
    アセチルスピラマイシン、エリスロシン、クラリス、ジスロマック、ジョサマイシン、ビカルタミド、ロイコマイシン等
  • CYP3A4誘導剤(結核治療薬、抗てんかん薬)
    アプテシン、アレビアチン、テグレトール、ヒダントール、フェノバール、リファジン等
  • 急性心不全治療剤
    カルペリチド等

レビトラ

レビトラ

レビトラの特徴

レビトラの服用タイミング性行為30分で1時間前に服用します。 食事の影響を受けない特徴があります。 レビトラの作用時間は服用後4〜5時間程度です。 第三は、シアリスシアリスの特徴は、長時間使用することができており、服用タイミングや作用時間の圧迫感がないということです。 勃起不全治療剤の種類の中で最も長い作用期間があります。

価格 10錠で2,240円
評価 評価4
レビトラ 購入