ED治療人気ランキング

バイアグラを服用する際の注意点

はじめに

バイアグラは、血管の壁を緩ませることで血管を拡張させ、血流の流れを促進させながら勃起力をサポートするED治療薬です。また、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を、バイアグラに含まれている有効成分であるシルデナフィルにより、阻害することで勃起の状態を維持することができるようにサポートする医薬品です。

イギリスのファイザー製薬の研究者たちの間で研究開発され、アメリカのファイザー製薬より販売されるようになりました。発売から10年後の2008年には19.9億円以上の収益をファイザー製薬にもたらし、現在まで世界中の男性の間で愛用されています。

2016年12月には2500万人以上の世界の男性がバイアグラの処方を受けたというデータがファイザー製薬の調査から発表されています。

バイアグラは、健全な性行為をするために勃起をすることができなかったり、勃起の状態を維持することができなかったり、中折れしてしまたったり、強度不足を感じるなどの勃起不全の症状を改善するためのED治療薬です。


バイアグラを服用する際の注意点

バイアグラを服用する際の注意点として、一番に挙げられることは、勃起不全が身体物理的な問題から発生しているのであって、心理的な問題から発生しているのでないことを確かめる必要があります。医師の診療を受けると、医師からの質問に答えながら自らの症状を医師に相談し、バイアグラが症状を改善するために最も適した、ED治療薬であることを確かめる必要があります。常用で服用している薬などがあれば医師に話し、バイアグラを服用しても問題がないかを医師に確認しましょう。


持病のある方

バイアグラを服用する際の注意点として、バイアグラを服用する前に、自らの体調が性行為をするために十分な健康状態にいるかを確かめることが重要になります。性行為は運動の一種として捉えられるため、心臓にある程度の負担をかけます。心臓が弱かったり、心臓疾患を患っている方の中で性行為自体を医師に止められている方はバイアグラの服用を避ける必要があります。

バイアグラの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。

  • 狭心症
  • 心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)
  • 血管系疾患(冠動脈異常)
  • 動脈異常(大動脈瘤、動脈硬化)
  • 不整脈
  • 高血圧(100mmHg/170mmHg以上)
  • 低血圧(90mmHg/50mmHg以下)
  • 血友病
  • 網膜色素変性症、進行性の夜盲
  • NAION(非動脈性前部虚血性視神経症)
  • 重い肝機能障害(肝硬変など)
  • 重い腎臓障害
  • 白血病などの血液の病気
  • QT延長症
  • HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方
  • 過去に脳梗塞、脳出血などの脳血管の病気を患ったことがある方
  • 他の勃起不全治療薬・勃起補助器具を使用している方
  • シルデナフィル製剤、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品を服用してアレルギー反応(過敏症)が出た方
  • ペニスに関わる病気、奇形のある方

上記の症状を過去に患ったことがある方、服用できるか定かでないと思う方は医師に必ず相談してください。

65歳以上の高齢の方、胃や十二指腸の消化性潰瘍を患っている方も服用を避けるか、医師に相談してください。


バイアグラの併用禁忌薬

バイアグラは、血管を拡張して血流の流れを良くする薬で、血圧を下げる作用をもたらします。ある種の薬と一緒に併用すると血圧を急激に下げ危険な状態になってしまう可能性がある医薬品です。

バイアグラを服用する際の注意点として、硝酸薬を服用する方はバイアグラとの併用を絶対に避けてください。急激な血圧の下降はめまいを起こしたり、心臓発作などを起こすことに繋がる可能性がありますので特に注意が必要です。硝酸薬の中には貼り薬、塗り薬、スプレー、注射、舌下など様々な形体の薬がありますので使用上の注意のリストをしっかりと確認してみましょう。

  • 亜硝酸薬(狭心症等の心臓疾患治療薬)
    亜硝酸アミル等
  • 硝酸イソソルビド(狭心症治療薬)
    アンタップ、イソコロナールR、イソピット、L-オーネスゲン、カリアントSR、ジアセラL、硝酸イソソルビド、ニトラス、ニトロール、フランドル、リファタック等
  • 一硝酸イソソルビド(狭心症治療薬)
    アイトロール、一硝酸イソソルビド、ソプレロール、タイシロール等
  • ニコランジル(血管拡張薬、狭心症治療薬)
    ニコランジル、ニコランマート、シグマート等
  • ニトログリセリン(狭心症治療薬)
    ジドレン、ニトログリセリン、ニトロダームTTS、ニトロペン、バソレーター、ミオコール、ミニトロ、ミリステープ、ミリスロール、メディトランス等
  • ニトロプルシドナトリウム水和物(血管拡張薬、血圧降下剤)
    ニトプロ等
  • ニプラジロール(緑内障,高眼圧症治療薬)
    ニプラジロール、ニプラジロールPF、ニプラノール、ハイパジール
  •  可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤/リオシグアト
    (肺動脈性肺高血圧症、慢性血栓塞栓性肺高血圧症などへの高血圧症治療薬)
    アデムパス等
  • アミオダロン塩酸塩(抗不整脈薬)
    アミオダロン塩酸塩錠、アンカロン等

バイアグラの併用禁忌薬を良く確認し、これらの医薬品を服用されている方は服用を避けるようにしましょう。


バイアグラの併用注意薬

バイアグラを服用する際の注意点として、以下の医薬品はバイアグラと併用することは可能ですが注意が必要な医薬品です。これらの薬を服用されている方はバイアグラと併用する際に医師に相談してください。

  • α遮断薬(高血圧や前立腺肥大のための治療薬)
    アビショット、イセプレス、エブランチル、カルデナリン、テラゾシン、トラブゾン、ダウナット、 デタントール、ドキサゾシン、ハイトラシン、ハルナール、フリバス、 ミニプレス、ユリーフ、レギチーン等
    <併用を注意する理由>
    α遮断薬は血管拡張作用により降圧作用をもたらすために、バイアグラと併用すると血圧が必要以上に降下してしまう恐れがあります。バイアグラと併用する際には注意が必要であるために医師に相談してください。
  • チトクロームP450 3A4阻害薬
    イトラコナゾール、エリスロマイシン、ケトコナゾール、サキナビル、シメチジン、 ダルナビル、リトナビル等
    <併用を注意する理由>
    チトクロームP450 3A4阻害薬の中には、代謝酵素阻害薬が含まれており、肝臓でバイアグラの有効成分であるシルデナフィルが。代謝されることを阻害してしまうために血液中の濃度が増加すると共に、有効成分が体外へ排出される時間が延長されるため薬の作用が強く出すぎてしまう恐れがあります。バイアグラと併用する際には、注意が必要であるために医師に相談してください。
  • チトクロームP450 3A4誘導薬
    ボセンタン、リファンピシン等
    <併用を注意する理由>
    チトクロームP450 3A4誘導薬の中には、肝臓でバイアグラの有効成分であるシルデナフィルが、代謝される能力を向上させる成分が含まれているために、バイアグラが体内で吸収されずに、代謝されてしまうことに繋がってしまいます。従ってシルデナフィルの血漿中濃度が低下し、薬の効果が満足に得られないことに繋がるおそれがあります。バイアグラと併用する際には注意が必要であるために医師に相談してください。
  • 降圧剤
    アムロジピン等
    <併用を注意する理由>
    降圧剤は、血管拡張作用により降圧作用をもたらすために、バイアグラと併用すると血圧が必要以上に降下してしまう恐れがあります。バイアグラと併用する際には注意が必要であるために医師に相談してください。
  • 急性心不全治療剤
    カルペリチド等
    <併用を注意する理由>
    カルペリチドは、血管拡張作用により降圧作用をもたらすために、バイアグラと併用すると血圧が必要以上に降下してしまう恐れがあります。バイアグラと併用する際には注意が必要であるために医師に相談してください。

上記に記していない薬の中にも併用するとバイアグラの効果に影響をきたす薬もありますので、バイアグラと併用する際には必ず医師に相談するようにしましょう。


バイアグラ

バイアグラ

バイアグラの特徴

勃起不全は、勃起を抑制する酵素によって勃起を促す体内にある物質が、破壊されることで起こります。ED治療薬のバイアグラにはこれを妨げる効果はあります。陰茎周辺部の血管を拡張させる働きがあり、陰茎部の血管の血の巡りをよくすることによって、勃起を促します。バイアグラの世界シェアは50%にものぼります。

価格 10錠で4,000円
評価 評価4
バイアグラ 購入